メンタル不調に関する相談

うつで求職中。再発しないようにどんな工夫が必要か知りたい…

ご相談内容

現在うつで求職中で、メンタルクリニックに通院しています。そこでは医師の診察と薬物治療を受けていますが、カウンセリングがありません。主治医には、同じようなことを繰り返さないようにするにはどうしたらいいかを考えるためにカウンセリングを勧められました。カウンセリングではどのようなことをするのですか?

アドバイス

一言にうつと言っても、それに至った背景は一人ひとり異なります。人間関係の問題が発症のきっかけになった方もおられれば、働きすぎが原因の方もおられます。

人間関係の問題であれば、苦手な人とどのようにうまく距離をとって付き合うか、自分の気持ちをうまく相手に伝えるにはどうしたらいいのかなど、コミュニケーションスキルを高めるということが目標になるかもしれませんし、働きすぎで…という場合であれば、無理をしすぎないように自分の状態をうまくつかめるようになることとか、引き受けすぎないようになること、うまく断るようなスキルを身につけることなどが目標となるでしょう。

カウンセリングでは、まずはあなたがうつになるほど無理をしてしまったのはどうしてなのか、どういうところが自分の課題だと感じるのかを整理し、そこをどのように変えると今よりも楽になるか、無理をしすぎないようになるかを考え、具体的な行動レベルで目標を設定していきます。また、自分を追い込んでしまいやすいものの見方や考え方が背景にあるようであれば、その考え方の偏りを見直していきます。

パニック症状を克服したい…

ご相談内容

数カ月前、満員電車で過呼吸になり救護室に運ばれました。その翌日は、電車に乗ろうとすると「また苦しくなったらどうしよう」と不安でたまらなくなり、タクシーで会社に行きました。

でもタクシーで毎日通うのは経済的に難しいので、電車で通勤するしかありません。でも満員電車と、途中で降りられない急行電車が怖いので、満員電車を避けるために朝早く始発駅まで移動し、各駅停車の電車に乗って通勤しています。座っていると比較的楽なのですが、人が多くなってくると苦しくなり、途中で降りることもありますし、具合が悪いのが回復せず会社に遅刻したり、行けないときもあります。

このままだと会社を辞めなくてはならなくなるのではないかと毎日が不安です。パニック障害を克服するにはどうしたらいいのでしょうか。

アドバイス

電車で通勤しなければならないのに、その電車が怖いと毎日の生活がどんなにお辛いことかとお察しいたします。

パニック障害は、薬物療法とカウンセリングを併用しながら治療することが有効だと思います。薬で強い不安や恐怖心を軽くし、それで怖い気持ちが軽くなればそれで通勤が楽になるということもあります。一方カウンセリングでは、心身をリラックスさせるリラクゼーションの練習をして、不安や緊張が襲ってきたときに、うまくそれを緩和させることができることを目指します。

それに加えて、あなたが怖いと思っている対象を洗い出して整理し、恐怖の程度によって順番に並べます。そして、一番怖くないところから乗り越えていく支援をし、だんだんと恐怖心が強いことに対しても乗り越えていけるようお手伝いをします。

パニック障害の場合、恐怖の対象がどんどん広がっていくことも少なくないので、早めに治療にとりかかられることをお勧めいたします。