結婚・恋愛に関する相談

婚約者への気持ちが急に冷めてしまい…

ご相談内容

何年か交際していた彼と結婚することになりました。プロポーズされ、自分でも納得して結婚を決めたはずなのに、いざ結婚式へ向けての準備が具体的に進んでくると、どんどん憂鬱な気持ちになってきました。彼は決して悪い人ではないのに、彼と一緒にいても前みたいに楽しい気持ちにならないし、会うこと自体が嫌になってきました。会うのが嫌だと思うような相手と結婚して、本当に一緒にやっていけるのか、不安で仕方がありません。

友達が楽しかったと話していた結婚式の準備も苦痛でしかなく、できれば一旦結婚の話はなかったことにしたいです。でも、お互いの両親になんと説明したらよいかわからないし、きっと私の心変わりを責められると思います。彼にもこの気持ちをなんと説明したらよいかわかりません。

友達に相談しても、結婚をやめた方がいい、という人とやめない方がいい、という人と両方いて、ますます混乱するばかりです。私はこれからどうしたらいいのでしょうか。

アドバイス

結婚は人生の中で最大の転機の一つです。“マリッジブルー”という言葉があるように、その大きな変化を目の前にして心が動揺し、いろいろなことが不安になってくる…ということは、どんな人にも多かれ少なかれあるのではないでしょうか。普通の交際とは違って法的に認定される関係となるため、簡単に後戻りはできないという思いも、人を追い詰めてしまう要素になっていると思います。

結婚を目の前にして動揺したり不安になったりすることは少なくないとは思いますが、彼に対する気持ちも不安定になり、どんどん憂鬱さが増してくるばかり…ということであれば、そのことを正直に彼に伝えて、少し時間が欲しいと相談されてはどうでしょうか。この関係を簡単に考えていないからこそ、ちゃんと考える時間をもちたいという旨をしっかり伝えてみて下さい。そのうえで何に対して不安や迷いを感じるのか、自分の本当の気持ちはどこにあるのかなどを見つめなおす機会を持ってはいかがでしょうか。自分の率直な感情を理屈で抑え込もうとすると、そのひずみが何かの形(今回の場合は「結婚したくない !」という抑えがたい感情)で出てくるということはよくあります。

しっかりと自分の気持ちと向き合ったときにどんな結論になるかはわかりませんが、そのプロセスを踏むことが自分と相手の気持ちを本当に大切にすることになると思います。

一緒に暮らし始めていろいろな不一致に気づき…

ご相談内容

結婚してまだ一年経っていないのですが、一緒に暮らし始めて初めていろいろなことに気が付きました。

妻は金遣いが荒く、金銭管理ができません。これから子供も欲しいしそれに備えておきたいのに、自分の欲しいものがあると我慢できないようで、月末のクレジットカードの支払い金額に驚くこともたびたびです。

生活の中でもだらしなさが目に付いたり、私の両親に対する態度が悪かったりなど、イラっとすることが沢山あります。でも注意すると不機嫌になり話し合いにならないので、なかなか口に出すこともできず、私が自分の気持ちを抑えて我慢ばかりしています。もう離婚したほうがいいのでしょうか。

アドバイス

同じ人との関係においても、一緒に生活を共にして初めて、交際しているときには気づかなかったことに気づく…ということは多いですよね。交際と一緒に暮らすということはそれほど大きな違いがあるということだと思います。

一緒に暮らす、家族になるということは、未来へ向けての展望を一緒に考えたりしなければなりませんし、独身の頃は好きに使えていたお金も、一緒に生活を切り盛りするとなるとコントロールもしなければならなくなります。奥様は自分がおかれたその環境の変化に、まだうまく適応できないのかもしれませんね。もしかしたら、何か精神的な不安定さが背景にあって買い物をやめられないのかもしれません。

ですが、これから何十年も一緒に暮らすことを考えると、どちらかが一方的に我慢する、という関係は長続きしません。遅かれ早かれその問題を避けて通れなくなる時が来ます。そのことを考えると、今あなたが感じている問題を洗い出してみて、ここは話し合って解決してかなければ共に生きていくのは難しい、ここは譲れる、など整理してみてはいかがでしょうか。その上で、ここは解決していきたい、ということについては奥様にも相談し、話し合ってみてはいかがでしょうか。その時に「あなたの○○が悪いから何とかしてほしい」という伝え方ではなく、「これからずっと一緒にやっていきたいから、一緒に話し合って解決したい。あなたの言い分もあるだろうからそこは教えてほしい」ということがちゃんと伝わるようにしてください。

そして、例えば金銭的なことであれば、子供を持つことを考えて、どれくらい貯蓄が欲しいから、月に使うお金を○円に抑えていこう、などと、具体的に話し合うことも必要です。決して「金遣いが荒い」「だらしない」など、相手の人格を否定するような伝わり方にならないように気を付けてみて下さい。

これはモラハラ…?

ご相談内容

私は不器用で、どちらかというとシャキシャキ動く方ではなく、ゆっくりしている方だと思います。夫はそんな私の行動が気に入らないようで、少し失敗したり、夫から言われたことに素早く従えなかったりすると、「のろま!」「お前は何をやってもだめだ!」「お前のためを思って注意してやってるのに!」となじられます。

私がちゃんとできないからいけないと思って一生懸命努力しているつもりですが、夫の求めるレベルまでできるようになりません。もともと自分に自信がある方ではありませんでしたが、結婚してからますます自分に自信がなくなり、「悪いのは私」「どうせ私はダメだから…」と考えるようになりました。

そのことを友達に「自分をダメだと思いすぎているよ。それはよくないよ」とたしなめられ、「ご主人のやってることはモラハラじゃないか」と言われました。私は日々の生活が苦しいのですが、でもどうしたらいいかわかりません。

アドバイス

日々そのようなことを言われれば、自分に自信を失っていくのも当然です。誰にでも得意なこと、不得意なことはありますが、だからと言ってそれを誰かに一方的に責められたりなじられたりするのは不当です。

それが夫婦関係にあってもです。夫婦関係は本来対等なものであって、一方が一方に命令し、それに服従するという関係は支配し、支配される関係でお互いを尊重している、という関係ではありません。「お前のためだ」と言って相手をなじるのは、本当の意味では相手のためにはなっていません。そのことにご主人が気づいて下さるといいのですが…。

ご主人に対して一度は「のろま」というのはやめてほしい、などと具体的な言動を指して止めるように伝えることはできそうですか?直接口で言うことが難しければ手紙でもいいし、恐怖があるようであれば第三者に立ち会ってもらう手もあるかもしれません。まずは正直な気持ちを伝えて話し合えそうであればそれが一番いいとは思いますが、ご主人が聞く耳を持たない、あるいは逆上するという状態であれば、これからもずっと一緒に生きていけるのかどうか、それがあなたの幸せに本当につながっていくのかを改めて考えてみた方がよいかもしれません。