コンテンツ

一緒に暮らし始めていろいろな不一致に気づき…

ご相談内容

結婚してまだ一年経っていないのですが、一緒に暮らし始めて初めていろいろなことに気が付きました。

妻は金遣いが荒く、金銭管理ができません。これから子供も欲しいしそれに備えておきたいのに、自分の欲しいものがあると我慢できないようで、月末のクレジットカードの支払い金額に驚くこともたびたびです。

生活の中でもだらしなさが目に付いたり、私の両親に対する態度が悪かったりなど、イラっとすることが沢山あります。でも注意すると不機嫌になり話し合いにならないので、なかなか口に出すこともできず、私が自分の気持ちを抑えて我慢ばかりしています。もう離婚したほうがいいのでしょうか。

アドバイス

同じ人との関係においても、一緒に生活を共にして初めて、交際しているときには気づかなかったことに気づく…ということは多いですよね。交際と一緒に暮らすということはそれほど大きな違いがあるということだと思います。

一緒に暮らす、家族になるということは、未来へ向けての展望を一緒に考えたりしなければなりませんし、独身の頃は好きに使えていたお金も、一緒に生活を切り盛りするとなるとコントロールもしなければならなくなります。奥様は自分がおかれたその環境の変化に、まだうまく適応できないのかもしれませんね。もしかしたら、何か精神的な不安定さが背景にあって買い物をやめられないのかもしれません。

ですが、これから何十年も一緒に暮らすことを考えると、どちらかが一方的に我慢する、という関係は長続きしません。遅かれ早かれその問題を避けて通れなくなる時が来ます。そのことを考えると、今あなたが感じている問題を洗い出してみて、ここは話し合って解決してかなければ共に生きていくのは難しい、ここは譲れる、など整理してみてはいかがでしょうか。その上で、ここは解決していきたい、ということについては奥様にも相談し、話し合ってみてはいかがでしょうか。その時に「あなたの○○が悪いから何とかしてほしい」という伝え方ではなく、「これからずっと一緒にやっていきたいから、一緒に話し合って解決したい。あなたの言い分もあるだろうからそこは教えてほしい」ということがちゃんと伝わるようにしてください。

そして、例えば金銭的なことであれば、子供を持つことを考えて、どれくらい貯蓄が欲しいから、月に使うお金を○円に抑えていこう、などと、具体的に話し合うことも必要です。決して「金遣いが荒い」「だらしない」など、相手の人格を否定するような伝わり方にならないように気を付けてみて下さい。